ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

半導体不足について

ヨシテルと申します。

 

仕事が忙しくなくなりました。原因は「半導体不足」がらみです。

巡り巡って私の仕事にも影響が出てまいりました。

 

まさに今、世界を騒がせている部品。それは半導体ですね。

 

f:id:yoshiteru45:20210615161837j:plain

 

今回はその「半導体不足」について勉強してみましょう。

そもそも半導体って何ぞや?という所から、簡単に調べてみました。

 

 半導体とは?

導体と絶縁体の中間です。

電気が流れる素材が「導体」、流れない素材が「絶縁体」ですね。

半の導体なので「半導体」。

半導体の材料

  • Si(シリコン)、ゲルマニウム、セレン、カーボン(Siが扱い易く良く使われる)
  • 人工的に作られた化合物半導体もある(高速信号処理に優勢)。

半導体の特徴

  • 一定のエネルギーを与えると電気が流れる(太陽光システム)。
  • 電気エネルギーを光に変換(発光ダイオード)
  • 電気を「オン・オフ」したり「一方向のみ電気を流せる」。

  電気の流れを制御する事ができる

 

Reference Web site

nihon-polymer.co.jp

 

半導体の使用先

センターやコンピューターのCPU、LED等に用いられ、銀行のATM、ネット、自動車に搭載されるマイコン等で使用される。

近年では自動車へのデバイスが増加している。

 

Reference Web site

www.hitachi-hightech.com

 

半導体不足の理由

 

Reference Web sitewww.nikkei.com

 

米の対中制裁

米は安全保障と外交政策上の利益に反するとの名目で中国半導体大手SMICを「エンティティーリスト」に追加

「エンティティーリスト」に追加された企業向けの輸出企業は申請が必要。

更に、この申請は実質不許可となる。

半導体メーカーにとって米の半導体製造設備や材料は生命線の為、中国での半導体生産が滞る。

この中国で賄っていた半導体製造が台湾に集中するも、当然賄われない。

 

Reference Web site

toyokeizai.net

 

 いつまで続く半導体不足

台湾の半導体大手TSMCの設備投資が増加するものの、

年内は不足状態が続く見通し。

解消時期はスマートフォン向け22年、自動車向け23年。

www.nikkei.com

 

 現状の半導体不足はこのような流れで引き起こされた訳ですね。

軽くネットをまわっただけで色々情報が出てまいります。

ちなみに私は半導体のエキスパートでは有りません。しかし、自分が現在置かれている状況をみるに、これは「半導体ショック」と言えるでしょう。

 

結局の所、米中の摩擦が大きい所ですね。

アメリカも自動車産業の国。対中制裁で放った矢が地球一周まわって飛んできたといった所でしょうか・・・。

 

しかし、ある意味、台湾は特需的な中にいるものと思われます。

「風が吹けば桶屋が儲かる」。

 

そして、私は当面定時上がりなのか?

 

最後まで読んで頂き有難うございました。