ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

野鳥探索 (21.06.06) 異形公園と呼ばせてもらっています。

ヨシテルと申します。

やっと野鳥探索に行けました。とはいっても、一週間ぶりですが。

今回は異形な植物が沢山植わっている公園を探索致しました。

f:id:yoshiteru45:20210607130918j:plain

f:id:yoshiteru45:20210607131017j:plain

この公園には片道歩いて30分程かかります。

駐車場が有りませんので、行くのに少しためらいが・・・。

今回は頑張って歩きましたよ。

では、本日出会えた野鳥達を紹介致します。

 

 Barn Swallow(ツバメ)

Barn Swallow

逆光になってしまいました。公園に行く途中で電線に止まっていました。

この個体のお腹は少し橙色をしていますね。

Cassin's kingbrid(ハシボソタイランチョウ)

Cassin’s kingbird

良く見るFlycatherを一回り大きくして、より精悍になったような野鳥です。

このブログでは初登場です。

頭は灰色でお腹が黄色みがかっています。

 Great-tailed Grakcle(オナガムクドリモドキ)

Great-tailed Grakcle

至る所にいるオナガムクドリモドキ。♂個体。比較的人が多い公園でも闊歩しております。声が非常に大きいです。

この子達が群れて集まったら・・・。ご近所さんは大変でしょうね。

House Finch(メキシコマシコ)

House Finch

♀個体左、♂個体右です。軽快な鳴き声をします。

野鳥探索に行くと必ずと言って良いほど、マシコの鳴き声を耳にします。

気持ちの良い鳴き声です。

ペアでしょうか?一緒に飛び立ちました。

House Sparrow(家スズメ)

House Sparrow

House Sparrow

House Sparrow

やっとスズメを撮影する事が出来ました。初登場

普段は見かけるのに撮影しようとすると見つからない。スズメです。

スズメとは言え、こちらはイエスズメ。日本に居るものとは異なります。

上の画像2枚が♂個体。一番下が♀個体です。

日本のスズメと比べると一回り大きく、精悍。雌雄で柄も異なります。

どちらかというと、日本のスズメは可愛らしいといった感じですね。

 

Vermillion Flycatcher(ベニタイランチョウ)

Vermillion Flycatcher

Vermillion Flycatcher

Vermillion Flycatcher

一番上の画像が♂。下二枚は♀になります。初登場

♂個体は頭部とお腹が鮮やかに赤く染まり大変綺麗です。♀は少し地味でお腹の下側が少し橙に染まります。

発見したいと思っていた野鳥です。

♂個体が突然現れましたが、すぐに飛んで行ってしまいました。残念。

次こそはしっかり撮影したいものです。

 

さて、今回は私が勝手に命名した「異形公園」での探索でした。

歩き疲れましたが、公園までの道すがらでも多くの野鳥を見る事が出来ました。

また近々行ってみようと思います。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。また次の記事でお会いしましょう。