ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

1回目:コロナワクチン打ってきました(アストラゼネカについて)その3 副反応から改善まで

ヨシテルと申します。

 アストラゼネカ製ワクチン接種後の副反応ですが、復活の兆しです。

昨日は最悪でした。

過去の記事も見て頂けると幸いです。

 

yoshiterulog.com

 

yoshiterulog.com

 

yoshiterulog.com

 

まだ、頭が少しだけボーっとするのと、寒い感じはしますが。

f:id:yoshiteru45:20210605135624j:plain

力が湧いてくる感じがします(笑)

一時はどうなるかと思いました。久しぶりに酷い風邪を引いたといった感じ。

で、今回は私が受けたアストラゼネカ製ワクチン接種後から、

副反応を経て、改善に向かう過程の記事です。

 

接種から副反応が改善されるまでの時間的経緯(私の場合)

 接種時

いつもより痛い感じでした(看護師さんによる?)。

接種後

6-9時間経過

寒気とは知らず、陽気のせいと勘違い。

接種箇所は触ると痛い。

普通に出勤。

9-24時間経過

寒気から始まり、倦怠感、微熱(37.5)、肩凝り。

寒気が非常に強い(ヒーターを囲っていました)。頭もボーっとする。

肌がヒリヒリする感じ。頭痛(もともと頭痛持ち)

f:id:yoshiteru45:20210605142444j:plain

30時間経過

起床後、接種箇所が昨日よりも痛い。腕を上げると途中までしか上がらない。

 少し寒気を感じる程度。頭は少しボーっとする。熱は無し。

改善の兆し有り。

30-36時間経過

寒気が治まりつつある(だいぶ良い)。頭もクリアになる。

接種箇所は腕を上げると途中までしか上がらない(回すのは無理)

 40時間経過(現在)

接種箇所は相変わらず。腕をかばうのか背中が少しいたい。

 

時間経過と副反応の経緯はこんな感じです。

腕はそのうち治ると思います。なによりも酷い寒気と発熱が無くなって良かったです。

日本でもワクチン接種待ちの方が多くいると思います。

 

今回私はアストラゼネカ製ワクチンの1回目の接種を受けました。

毎年受けているインフルエンザワクチンの接種では、今までこのような状態になったことがありません。

それだけ異質と言った所でしょうか?

 

もし、アストラゼネカ製ワクチンの接種が決まっている方で、

仕事に余裕があるようでしたら、一日休養を予定していた方が安心かもしれません。

また、ワクチン種類によっても副反応の出方が異なります

前もった情報収集で焦らず安全にワクチン接種を受けましょう。

f:id:yoshiteru45:20210605142419j:plain

最後まで読んで頂き有難うございました。

また次の記事で。