ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

TYCKA 9点セットでカメラクリーニング

ヨシテルと申します。

カメラ(Nikon5500 ダブルズームキット)を譲り受けて3か月。

クリーニングをしておりませんでした。

タダでさえ乾燥した地域に住んでいる為、日常的にホコリが酷かったり、野鳥探索時は藪の中に入るわけで・・・(笑)

意を決してクリーニングを行いました。

実は私、下で紹介するクリーニングキット「TYCKA カメラクリーニングセット」なるものを日本より持参致しておりました。

 

 

今日が初開封でございます。

バッグを開けると次のものが入っておりました。

f:id:yoshiteru45:20210602171141j:plain

画像には6点しかないですが・・・。他に綿棒カメラクリーニング用のティッシュが有ります。残り1点はケースの様です。探しましたよ、9点目を(笑)

画像上段左よりダブル式レンズペンセンサースワブ

下段左よりクリーニングクロスエアブロワーレンズクリーナーブラシです。

 

 さっそく、クリーニングしていきましょう。

先ずはダブル式レンズペンの刷毛側で本体のホコリを落としていきます。反対側はレンズ用のようですね。

f:id:yoshiteru45:20210602172016j:plain

所々な隅にホコリが溜まっております。とりあえずこの刷毛でホコリを払い落としました。次はエアブロワーの出番です。

メディアやバッテリの挿入口のカバーを開けます。

f:id:yoshiteru45:20210602172150j:plain

これらの挿入口は毎回開ける所ですので、ご覧の通り酷い有様でした。

ブロワーして参ります。

f:id:yoshiteru45:20210602172555j:plain

ある程度ホコリが飛びましたので、この辺りは簡単に済ませました。

次、レンズ周りです。フィルタにホコリがいっぱいです。カメラは外で使うもの、ある程度は致し方ないところではあります。ここも予めブロワーしておきました。

f:id:yoshiteru45:20210602172541j:plain

Amazon内のメーカー仕様ページで紹介されているのはダブルレンズペンのレンズ側を使用して指紋や油汚れを除去という事でした。

とりあえず同様にダブルレンズペンでフィルタを拭いてみたのですが、ホコリは除去されたものの、まだ汚れが気になりました。

ここは付属されていたレンズクリーナークリーニングクロスで汚れを拭きとりました。

f:id:yoshiteru45:20210602173525j:plain

ご覧の通り綺麗になりました。

レンズ本体はフィルタのおかげか綺麗でした。また、難解と思われるセンサー箇所。

f:id:yoshiteru45:20210602173636j:plain

こちらも綺麗そうでしたので今回は放置しました。

譲り受けてから粗望遠の方のレンズをつけっぱなしですので、汚れなかったのでしょう。ここが汚れていたらセンサースワブで拭き取るようです。

f:id:yoshiteru45:20210602174151j:plain

最後に、先にレンズフィルタを拭き取ったクリーニングクロスで液晶部、本体部を拭いて終了です。

ということで、今回は、綿棒クリーニング用ティッシュブラシ、そしてセンサースワブは使用しませんでした。

汚れの度合い部位によっては今回使用しなかったものも必要になるものと思われます。が、ブラシは必要ないのではと思わざるを得ません。

ダブル式レンズペンの刷毛側で十分な訳です。あまり深く考えてはいけませんね。

これで良いのです。

さて、今回は我が愛機「NikonD5500」をクリーニングしてみました。

レンズ側(フィルタですが)にかなりホコリが被っており、びっくりしました。

綺麗になった愛機での野鳥撮影。早く行きたいです。

今回も最後まで読んで頂き有難うございました。また次の記事で。