ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

野鳥探索 (21.05.22) 癒しを求めるも眠い

ヨシテルと申します。

行って参りました。野鳥探索。ようやく残業地獄から解放されました。ストレス溜まって仕方ないです。

今回も一時間程度の探索となりました。焦って探しても仕方ないので散歩がてらに出会えた野鳥の撮影です。

 Bewick's Wren(シロハラミソサザイ)

Bewick's Wren

Bewick's Wren

白くて長い眉毛と尾の縞が特徴的な野鳥です。

初登場でしょうか。サボテン周りでよく目にします。羽音はあまりしない為、音に敏感なのかもしれません。とはいえ、鳴き声は非常に大きいです。

とても可愛らしい野鳥。

Summer Tanager(ナツフウキンチョウ)

Summer Tanager

Summer Tanager

♂個体です。

もうこのブログではお馴染みといった野鳥です。

赤は♂黄色は♀で非常に分かりやすい。比較的移動が早いので見かけたらすぐにシャッターです。赤一色ですのでか飛ぶとかなり目立ちます。

Broad-BIlled Hummingbird(アカハシハチドリ)

Broad-Billed Hummingbird

♀個体になります。こちらも常連さんです。同じ場所に行けば必ずといってよいほど出会います。

今回は落ちる水を器用に飲んでいました。

飛行している時に独特の鳴き声が出ます。この音を頼りにすると目につきやすいです。

他の種類のハチドリも見てみたいですね。

Rufous-Sided Towhee(ワキアカトウヒチョウ)

Rufous-Sided Towhee

♂個体です。2回連続の登場。よく鳴くトウヒチョウです。この地域では模様等含めて代表的な野鳥と言えます。♀個体は未だに遭遇していません。

Black Vulture(クロコンドル)

Black Vulture

Black Vulture

前回より低空で飛行していました。

とはいえ、トリミングしてこの程度です。恰好が良いですね。更に近くに飛んできて貰いたいです。

 

さて、今回出会えたのはこれぐらいです。

連日の残業からの野鳥探索になりましたが、少し眠かったです。休み時は休むことも大事ですね。

徐々に似たような種類の野鳥が増えてきました。次回は違う公園を探ってみようかな。と、思っています。

最後まで読んで頂き有難うございました。ではまた、次の記事で。