ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

ザラやチラ付きが気になるのでISO設定を自動にする その2

ヨシテルと申します。

カメラ撮影上達の為に、「ザラやチラ付きが気になるのでISO設定を自動にする」の結果編 その2です。

前回は表題の件を考察、結果としてISOをオート設定としました。

オート設定:上限:3200、下限は無し 

撮影した感じですと、朝の早い時間帯ではISO3200では感度が足りない場面が有りました。。足りないというのは、シャッター速度優先モードで「F値が足りないよ」とお知らせが出る事です。ちなみにシャッター速度は1000近辺に設定。

素人考えですと、ここで無理に感度を上げてしまうとザラ・チラが出てしまう結果となります。下はWILSON'S WARBLERの拡大画像です。

f:id:yoshiteru45:20210513202116j:plain

シャッタースピード1/2000,ISO3200で撮影、トリミングによって大分拡大しています。これぐらいの画像で私は満足と考えています。

今回上限設定をしている為、上限のISO3200です。しかし、鳥の羽ばたき等をしっかり撮影しようとした場合、シャッター速度は上げたいです。このスピードだと恐らくハチドリの羽ばたきは撮れません(素人考えですが)。

以上より、私の設定を次の様に致しました。

「通常はオートISO上限3200、状況によってはISO6400まで手動」で上げる。

といった具合です。

最後まで読んで頂き有難うございました。

毎回撮影に行くと課題が出て楽しいです。カメラって奥深いですね。ではまた次の記事で。