ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

夏にピッタリ!ウチワサボテンの醤油漬け

ヨシテルと申します。

今回はサボテンを料理しようと思います。サボテン食べられるの?という疑問をお持ちの方、サボテンは地域によっては普通に食べられている食材でございます。

特に今回私が使用するウチワサボテンという種類は食用として栽培されております。スペイン語ではノパルと言います。時々私も購入するのですが、一枚80円もしないぐらいの値段です。これは積極的に使用した方がよいですよね。

では、作っていきましょう。

ウチワサボテンの醤油漬け

材料

  • ウチワサボテン
  • 醤油・みりん・酒・砂糖・ごま油
  • にんにく
  • 鷹の爪
  • 白ごま

作り方

①ウチワサボテンを柵状に切る。

f:id:yoshiteru45:20210512175021j:plain

②塩を適量入れた水を鍋で沸かす。

③沸騰したら柵状にしたサボテンを鍋に入れ4-5分茹でる。

f:id:yoshiteru45:20210512175244j:plain

④茹で上がったらザルに取り、タッパに入れておく。

f:id:yoshiteru45:20210512175712j:plain

⑤ニンニクをスライス、鷹の爪は端を切って種を出した後、輪切りにする。

⑥鍋に醤油120ml程入れた後、酒60ml、みりん少々、砂糖大さじ1、出汁少々、⑤を入れて1煮立ちさせる。

⑦漬け込み液をサボテンが入ったタッパに投入。

f:id:yoshiteru45:20210512180250j:plain

⑧白ごまを適量まぶし、好みでごま油を少量垂らす。

⑨冷蔵庫に保管。冷えたら出来上がり。

はい。こんな感じで簡単に作る事が出来ます。実はコレ、私が良く作る大根の醤油漬けのアレンジ版でございます。最近、大根の入りが悪いようで購入できなく、そちらは紹介出来ていません。

冷えました。さっそく食べてみましょう。頂きます。

f:id:yoshiteru45:20210512180849j:plain

やっぱり日本人は熱いご飯ですね。載せて食べましょう。サボテン自体に酸味が有りますので、スッパ美味しいです。にんにくや鷹の爪も程よく効いています。また、サボテンの粘々がなんとも食を勧めます(笑)

今回も美味しく出来上がりました。漬け込み液に関しては適当で宜しいかと思います。大体は同じ感じに仕上がります。結果がダメなら次に少し変更すれば良いです。

ウチワサボテンの醤油漬け」酸味があり、ひんやりしていてさっぱり、夏の料理にピッタリでございます。もし手に入るようでしたら是非一度試してみてください。

最後まで読んで頂き有難うございました。また次の記事で。