ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

ザラやチラ付きが気になるのでISO設定を自動にする

はじめに

ヨシテルと申します。

今回は「カメラ撮影上達の為に」の記事を書こうと思います。

野鳥撮影からカメラに興味を持ち始めました。この所はネットやEnjoy ニコンのページを良く見るようになりました。

これまでシャッタースピード優先モードにしたり、オートフォーカスの設定を変更したりしてきました。改善した成果は出るもので、徐々に撮影もうまくなっていると思います。勿論、超初心者レベルの話ですが(笑)

今回の課題

今回の課題はザラ付やチラ付きです。

前回撮影したハミングバードの画像を見て下さい。羽の動きをしっかり捉えたいが為に、シャッタースピードを私のD5500のMAXである1/4000に上げています。勿論、朝の暗い時間帯ですとISOを上げないと真っ暗な画像になりますので、ISOは上げざるを得ません。

f:id:yoshiteru45:20210509224430j:plain

上の画像は拡大無しです。私の中ではなかなか良く取れたのでは?なんて思っています。が、これを拡大すると・・・。

f:id:yoshiteru45:20210509224915j:plain

少しですがチラつき感があるんですよね。印刷するわけでもないし、自分用の記録とブログに載せる程度なので問題はないのですが、気になると気になるものです(笑)ISOを上げ気味にシャッタースピードをMAX、そして帰宅後に確認。この画像の情報によると、ISOは6400なっていました。

考察

今回の画像を見ると私の愛機ではISO6400は限界に近いレベル。これより一段階下げた設定を常に維持できれば、問題なく撮影ができそうです。もちろん、時と場合による設定変更は大事かと思われます。初心者ですので無駄にISOを高めてしまう所も抑えなければなりません。

改善策

ネットの方でいろいろ勉強せてもらった所、ISO設定をオートに変更出来る事が分かりました。上下値を設定してそれ以上上がらなかったりと出来るようです。

さっそく、「ISO設定値を上限値3200、下限値AUTO」に変更。

この状態ではISO3200以上は上がらなくなる為、無駄なチラつき防止となると思われます。初心者の一つ覚え、ISOアゲアゲ状態も抑えられそうです。

ジレンマ

シャッタースピードを上げたいが為にISOを上げる訳ですが、そのISOが上がり過ぎるとチラつく、それ故にシャッタースピードを上げ難い・・・。まさにジレンマですね。こういう所もカメラの奥深さなのかもしれません。

おわりに

次回の野鳥撮影は今回改善した内容で行ってみようと思います。朝方の撮影か、はたまた明るくなりきってからの撮影かによっても変わりますが、いろいろ試していく中で自分に合った設定が見いだせてくるかもしれません。

今回も最後まで読んで頂いて有難うございました。また次の記事で。