ヨシテル log

コーヒーや野鳥撮影、植物育成のお話を記事にしています。また、一人暮らし用の時短料理や私のおすすめアイテムの紹介も。

マンゴー育成計画 21.04.18

 

 

ヨシテルと申します。みなさん果物を食べた後の種はどうされていますか?そのままゴミ箱行きでしょうか?私の場合は、先ず、植えたら育つのか?観葉植物みたいにならないか?等を考えてしまいます。観葉植物っぽくなるようなら、先ず育成をトライです。何気ない日常の中で、何かが育っていく。ちょっとした変化を楽しむことができます。植物が育って実を作らなければならないというのは農家の方ですので、育つ過程を楽しんでいきたいと私は思います。今回の記事は私が今育成しているマンゴーについてです。1か月程前から開始した内容ですが、同じように果物の種を植えて育てようという人が居ましたら、ちょっとした参考になるかもしれません。

マンゴー育成計画

マンゴー育成のはじまり

もともと記事を書くつもりはありませんでしたので、種の取り出しの画像はありません。1か月前、こちらのスーパーでマンゴーが安く売られていました。ケント種だったと思います。マンゴーに興味のある人が居ましたら、ネットで検索してみて下さい。種類がいろいろあります。1週間ほど熟成させると表皮に赤みを帯びて良い芳香がし始めました。普通に美味しかったのを覚えています。

種の取り出し法

マンゴーの種は分厚い外皮で覆われています。この外皮を先ず包丁で取ります。危ないですから、これからやってみようという人にはハサミを使う事を推奨します。外皮を開けると中に大きな勾玉状の種が詰まっています。更に、この勾玉状の種ですが、茶色い薄皮に包まれています。この茶色い薄皮を簡単に取れる程度に剥くと白い種になります。茶色い薄皮は厳密に取り除かなくても良いです。

f:id:yoshiteru45:20210419141756j:plain

発芽法

発芽には簡単な容器を使用します。私は焼き鳥の缶詰の缶を使用しました。容器に種を寝かしていれて、水を種が1/3浸かる程度に注ぎます。これで終了。上の画像の様な感じです。後は根が出始めるまで水を足していきます。気温等で発芽が遅くなる場合、水の入れ替えを毎日行います。

発芽~植え付け

私の場合は根が出始め、その根によって種が傾き始めて来た時に鉢へ植え付けました。毎日たっぷり水を与えて2週間ほどで芽が土から顔を出して来ます。

f:id:yoshiteru45:20210419142030j:plain

芽が出始めたら成長は早いです。今この状態ですが、毎日成長している姿が目に見てわかる程です。ヤシの木状の可愛いなりをしています。結構日の光を必要とするかもしれません。今の所室内に置いていますが、もう少ししたらベランダの方に移動しようと思っています。

f:id:yoshiteru45:20210419142121j:plain

今後の育成について

初めての試みですので、試行錯誤と行った所です。実をつけることは考慮していません。とりあえず、発芽まではこんな流れとなりました。今後の育成に関して、どの程度日の光が必要なのかが不明で考えないとならない所であります。最後まで読んで頂き有難うございます。もしよければこのマンゴーを見守ってあげてください(笑)。ではまた、次の記事で。